ラッキーマンの投資ブログ

宝くじ1億円当てた投資家。日々の雑感と、投資の現実をつづります

その他

コロナ患者の妊婦さんが死産するのは酷い

投稿日:

今日はコロナにかかった妊婦さんが急に産気づいて救急車を呼んだけど、どの病院も手一杯で受け入れてもらえず、結局死産してしまったという記事をよんで非常に心が締め付けられました。もう完全に医療崩壊だと思います。

冷静に考えると、日本は世界と比べてワクチンをうまく手に入れられています。使い道としてはまずはお年寄りにワクチンを接種させ、次に現役世代、という順番でした。しかし結果としてワクチンが足りなくて現役世代が打てない間に凶悪なデルタ株が来て現役世代であっても重症化するという地獄のような状況となっています。

何が起こっているかと言うと、お年寄りを徹底的に優遇して、現役世代をいじめつくすということです。正直、現役世代へのワクチン接種を優先してお年寄りは後回し、家でおとなしくしてもらう、と言う方が良かったと思います。現役世代はどうしても働かないといけないので他人と関わらざるを得ません。しかsお年寄りは家でじっとしてればOKです。

はっきりいうとお年寄りは年金も健康保険もこれまで優遇され尽くされているのに、まだ現役世代をいじめるのか。。と諦めを感じます。年金カットや医療費カットはしないのに、高収入子育て世代は実質的に増税する。これでは子供なんて増えるわけないですし、日本人は総意で民族の自殺を図っているのかなと思います。

やはりシルバー民主主義というのは国を亡ぼすものだと思います。年金が足りない、というお年寄りもいるにはいますが、正直それはこれまで準備してこなかった自分が悪いのであって、これから子供を産み育てようとする現役世代に負担を押し付けるべきではありません。

ただのラッキーで人生好転したお前が言うな、という人も居ると思いますし、正直その通りなのですが・・・ただどうしてもこの理不尽は許せないので書きなぐりました。

-その他

Copyright© ラッキーマンの投資ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.